スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Monsters of Rock 2009

先週末はドニントンのDownload Festivalが
ネットで生中継されていましたね。

おれも久々にPCの前にかぶりつく夜を過ごしました。


メンツはこんな感じ


配信されてたのがメインステージのみだったのがちょいと残念。

2ndステージとTuborgステージの方が個人的には魅力的なのですが…。

MÖTLEYとかOPETHとかTHE ANSWERとかHARDCORE SUPERSTARとか
BUCKCHERRYとかCLUTCHとかMESHUGGAHとかLOADEDとかVOIVODとか
ANVILとかTHUNDERとかSTEEL PANTHERとかSABBATとか。

そっちをみせてくれよ。


とはいえメインステージもまあまあ。

金曜は再結成FAITH NO MOREをちらっと観る。





相変わらずパットン先生はカッコいいのだが…。
やっぱりギターはジム・マーティンを呼び戻すべき。


KILLSWITCHのハイライト映像が流れてて
DIOの"Holy Diver"をやってた。アレンジが微妙。


土曜は心ひかれるバンドがなかったので惰性で観る。

まずリッパー・オーウェンズがダメすぎた。
曲がまったく良くない。こいつは一体何がしたいんだろう。

ベースにデイヴ・エレフソン、ドラムにサイモン・ライトってのも
ダメさっぷりを増幅している気がしてならない。


DEVILDRIVERは普通。特にコメントなし。
DOWNもいつものDOWN。途中で飽きる。


PENDULUMってバンドは初めて聴いたんですけど、
ドラムンベース+メタルな感じで終始テンション高くて
けっこうカッコよかった。CD買ってみよう。



日曜はTESLAとSKINを見逃してしまい
BLACK STONE CHERRYから観る。

とてつもなくクール。
ザック・ワイルドはこういう音楽をやるべきだと思いますね。
来日しねぇかな。


そして個人的に最大のお目当て、JOURNEY。

期待通り震えるほど素晴らしかった。感動した。
全員うますぎ、すごすぎ。




格が違うのだよ格が!


新Voのアーネル・ピネダは本当に天才だ。

ただ歌が上手いとかスティーヴ・ペリーに似てるとか、
そういう次元の人じゃないと思う。

スティーヴ・オウジェリーとかジェフ・スコット・ソートが
超えられない壁をあっさりブチ破っちゃいましたね。

JOURNEY新時代突入。



つーかニール・ショーンもジョナサン・ケインも
ロス・ヴァロリーも還暦だぜ?

おじいちゃん達がこんなすげーパフォーマンス観せてるのに
若手のしょぼさときたら…。

ちなみにドラムのディーン・カストロノヴォも
べらぼうに歌が上手いです。






あとおまけでDREAM THEATERだけ観た。

JOURNEYの後に観ちゃうとちょっとね。
テンションさがるよね。

選曲が媚びてるというか分かりやすすぎるというか。
そこが一番おもしろかったな。

(セットリスト)
Pull Me Under
Constant Motion
A Rite of Passage(新曲)
Hollow Years
Metropolis



しかし本場のフェスの雰囲気はいいですね。
来年は現地で観たいなー


スポンサーサイト

ライヴおつかれさん

いやーライヴっていいなあ。
プログレやるのって本当に楽しいなあ!



PINK FLOYDの『DIVISION BELL』を聴きながら始発で帰る。

家にちょうど着くころに流れる"High Hopes"。
昇ってくる朝日とギターソロがリンクした瞬間泣きそうになった。


そんな肌寒い秋の夜明け。



そしてこれから出勤。

もう少し身辺が落ち着いたら更新を再開しますのでしばしお待ちを…

ぐち


この一週間、諸事情で1日の睡眠時間が3時間ほどしかなかった。死にそう

FAUST来日


http://www.captaintrip.co.jp/faust/index.html



い、いきてーーー!!


最近のツボ



───アタシの名前はフリップ。心に傷を負ったギタリスト。
モテカワ丸メガネの愛されボーイ♪

アタシがつるんでる友達は元イエスのビル、
ベースを抱えた渡り鳥のウェットン。
訳あってバイオリンとキーボードを弾くデヴィッド。

友達がいてもやっぱりバンドはタイクツ。
今日もウェットンとちょっとしたことで口喧嘩になった。

ワンマンバンドだとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆
そんな時アタシは一人で繁華街を歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!

「キングクリムゾンはプログレッシヴロックではない」…。
そんなことをつぶやきながらしつこい元メンバーを軽くあしらう。

「カノジョー、ちょっと21世紀の精神異常者?」
どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
最近のギタリストははカッコイイけどテクニック不足でキライだ。
もっと椅子に座ったアタシを見て欲しい。

「すいません…」
…またか、と変則チューニングなアタシは思った。
シカトするつもりだったけど、チラっとハゲの男の顔を見た。

「…!!」

…チガウ…今までの男とはなにかが決定的に違う。
サウンドスケイプな感覚がアタシのカラダを駆け巡った…。

「…(カッコイイ…!!…これって運命…?)」

男はブライアン・イーノだった。連れていかれてCDを作らされた。
「キャーやめて!」不自然なギターソロをきめた。

「ガシッ!ボカッ!」アタシは死んだ。マッテクダサイ(笑)






秀逸すぎる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。