スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Relax! Don't Do It!

きのうメシ食いながらCS見てたら
「トレヴァー・ホーン活動25周年記念コンサート」
とやらが放送されてた。2004年頃のやつ。


オーケストラとかバックバンドを従え、
ホーンがプロデュースしてきたいろんなアーティストが
かわるがわる出てきて演奏する、という趣向。


最近ではt.A.T.u.の仕掛人として有名ですが

YESの『DRAMA』でリードヴォーカルとったり
『90125』のプロデュースしたりしてる人でもあるので
なにげにプログレ業界にも関わっているトレヴァー・ホーン。


案の定バックバンドにアラン・ホワイトとジェフ・ダウンズがいて、
YESの曲とかやんねーかなーと思ってみていたら

途中でクリス・スクワイア、スティーヴ・ハウ、
トレヴァー・ラビンが登場。


ラビン+ハウ+スクワイア+ホワイト+ダウンズという
なんとも不思議なメンツで"Cinema"と"Owner of a Lonely Heart"を
演奏していました。おもしろい。

トレヴァー・ラビン、歌もギターもうまいなあ。
スクワイアはじじいになっても弾き方がかっこいい。



他に出演してたのはPET SHOP POYSとかBELLE & SEBASTIANとか
リサ・スタンスフィールドとかSEALとか、さすがに豪華。


途中でホーンが自分のプロジェクトART OF NOISEの曲もやってて、
はじめて聴いたんですがすごく興味をそそられた。
"Close to the Edit"という曲。

テクノチックだけどめっちゃ変態的で前衛的。
単なるポップスター仕掛人じゃなかったんですね。

ホーンがベース(ピッコロベースかな)弾いててすんげー上手いし。
まあ当たり前っちゃ当たり前か。

ART OF NOISE、こんどちゃんと聴いてみよう。



ちなみにt.A.T.u.もでてきたけど全然盛り上がってなくて笑った。


あとトリがFRANKIE GOES TO HOLLYWOODで、
なぜかハウが横でギター弾いててそのミスマッチっぷりにもウケる。


なんだか全体的に80年代な香りが漂うイベントで面白かったです。

そういえば最初に"Video Killed the Radio Star"もやっていた。



会場が超でかいとこ(たぶんロンドンのアールズコート)でして、
そこでYESの面々がスタンディングオベーション浴びてる光景は
「おお~」と思いましたですね。


客席にチャールズ皇太子がいたのはびびったが。
そういうイベントだったんでしょうか。
スポンサーサイト

アーッワ アーッワ

そういやオリジナルASIAを観に行ったんだった。忘れてた。
うっかりうっかり。うっかり八兵衛。


8日。厚生年金会館。


セットリストは以下。

Hasta la Vista, べいべー

Microsoft Windows Vistaのサウンドを
われらがロバート・フリップ総帥が手がけているのは有名な話ですが、
その録音風景を収めた映像がこちら↓


Robert Fripp and the Vista Melody


記事の下の「watch」もしくは「download」をクリック!

1時間ほどあります。

20分以降はトーク(打ち合わせ?)なので見てもしょーがないかも。
何しゃべってるかわかんねえし。


でも頭の20分はなかなか興味深い映像なのではないでしょうか。


サウンドスケイプで癒しの音を奏でるフリップ翁。
去年観たときもこんな感じだったなぁ。


40年近くたってもいまだに時代の最先端にいるんですねこの人は。
そうじゃない時もあるけど。

ちなみにWindows 95のサウンドを作ったのはブライアン・イーノ。



まーしかしそろそろKING CRIMSONも始動させてほしいっす。

マイクロソフトからのギャラと怒涛の紙ジャケ再発で
相当儲けてるはずのフリップおじいちゃん。

『THE POWER TO BELIEVE』は結構好きだったからあの路線がいいなー

Neil and Rush and Me

卒論の再提出も無事終えて(どうしようもねーなまったく)
ようやくいろんなことに着手できそうです。

まさかあんなにボロカスに怒られるとは思わなかったぜ。へっ。


しかし最後まであの大学にはなじめなかったなぁ。

四年間ずっとアウェー感をぬぐいされないまま終わってしまった。
ああいう雰囲気はどうにも苦手です。


学内でできた友達(今後もお世話になるだろう人)も5人ぐらいだし。

まぁ他大でそれ以上のものを得させてもらったので全然問題ないけど。



最初から別の大学を選んでいればもっと楽しかったかも…
ってこういうこと言うと「ぜいたくぬかすな」と怒られるんだよね。

どーすりゃいいんだおれは。


ま、もうおさらばすることだしどうでもいいか。


However 卒業者発表は半月先なのでまだ油断できないのがうざったい。

もし留年したら
イベントサークルはいって合コンとか行きまくってやるぜ!




閑話休題。




アクセル・ローズ・バンド
(またの名をGUNS N' ROSES)がやって来ますね。


幕張メッセという最悪の会場チョイス
14時オープン16時スタートというありえなさ
チケ代12000円というフェス並の代金
開演まで最低3時間以上は立ちっぱなしで待たされるであろう現実


以上の理由から個人的には正直あまり観に行く気がしないのですが、

諸事情によりチケット購入を強要され
36000円の出費を余儀なくされました。


この時期にその出費は痛すぎる…。


どうやらセバスチャン・バックは帯同するみたいだし
イジーももしかしたら来てくれるかもという話なので
それを楽しみにするか…と自分を無理矢理納得させる。


いやもちろんアクセル様も楽しみですけど。


あの人は本当にどうしようもない御方ですが、
自分一人の存在感だけで実際問題大騒ぎを起こすことができるんだから
なんだかんだ言ってもすごいんだなーとつくづく思う。

みくすぃーに「結局Axl」というコミュがあるけど
まさにその通り。言い得て妙。


スラッシュは最高にカッコいいけど
隣がスコット・ウェイランドじゃダメなんだよなやっぱり…。


つーかVELVET REVOLVERはさっさと2ndアルバムを出して
コンスタントに活動していくべきだった。

そうしないとあえてあのメンツで組んだ意味がないでしょうが。

なのにCAMP FREDDYで遊んでみたり
他の人のライヴにゲスト参加したりと

ふらふらふらふらしてるからあかん。あかんわ。


もっとしゃきっとしてくださいよ。どいつもこいつも。

VAN HALENもわけのわかんないことになってるし。


大人なんだからいいかげんちゃんとせぇよ。
ほんまに。ちゃんとせぇ。(笑い飯調)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。