スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DREAM THEATERとは何か? 後編

OctavariumOctavarium
DREAM THEATER

曲名リスト
1. The Root of All Evil
2. The Answer Lies Within
3. These Walls
4. I Walk Beside You
5. Panic Attack
6. Never Enough
7. Sacrificed Sons
8. Octavarium

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



1年7ヶ月ぶりの更新でございます。


この19ヶ月の間、巷ではTwitterやFacebookが全盛を迎え、
マイク・ポートノイはDREAM THEATERを脱退してしまった。

もはやブログというツールが意味を成すのかどうか、
というかこの後編を書くことに果たして意味があるのかどうか
かなりあやしいけど、まああまり気にしないことにします。

さて、前回の日記でおれは、

DREAM THEATERの8th 『OCTAVARIUM』は
6th 『SIX DEGREES OF INNER TURBULENCE』以降の
カヴァー/オマージュ路線における最高到達点だ

と書いた。

今回はその『OCTAVARIUM』の最強さを明らかにしようと思う。


このアルバムのすごさは、
すべての要素がマイク・ポートノイによって計算し尽くされた上で
構築されている点にある。


下記に詳しく述べるが、おれが知る限り
ここまで緻密にネタを仕掛けられたアルバムは他に無い。


それに対し「ロックの初期衝動的要素が感じられない」などと
よくケチをつけられるが、そもそもそういうバンドではないのだから
まったくもって不毛な議論である。

また「結局パクりじゃん」という指摘も、
それはそれでその通りではあるのだが、
ここまで徹底されるとひれ伏さざるを得まい。


まさに最強の知的遊戯。


ではこれから『Octavarium』に仕掛けられたネタをすべて列挙する。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。