スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカン・ヤクザ・スラッシュ

Amnesty

Amnesty
ZOETROPE

曲名リスト
1. Indecent Obsessions
2. Kill the Enemy
3. Mercenary
4. Amnesty
5. Member in a Gang
6. Break Your Back
7. Another Chance
8. Creatures
9. Trip Wire



更新再開してからもなにげにちゃんとA to Z進めてたわけですが、
ようやく二周目の「Z」まできました。


ということで今回はアメリカのB級スラッシュメタルバンド、
ZOETROPEです。バンド名は「イートロープ」と読みます。



2ndの『A LIFE OF CRIME』が割と有名ですが、
1985年のデビュー作『AMNESTY』はそれを上回るカッコよさ。


2ndの監獄マフィアジャケからうかがえるように
とにかく血の気が多いこのバンド。

この『AMNESTY』も1曲目イントロの時点からいきなり銃声です。
殺る気満々です。穏やかではない。さすがシカゴ出身。



音楽性ですが、いわゆるベイエリアスラッシュとは異なり
ハードコア/ロックンロール色の強い突撃リフが持ち味。


当時はハードコアパンクシーンでも活動していたようで、
本人たちは「Street Metal」を標榜。


そして超硬派な声質かつメロディ性は希薄ながらも
ちゃんと歌い上げるタイプのヴォーカル、バリー・スターン。
(この人はドラムも兼ねてます)

NUCLEAR ASSAULTをパワーメタル寄りにした感じ、
という表現が一番しっくりくるかもしれません。



さて、「パワーメタル」と書きましたが、スラッシュ一辺倒ではなく
正統派メタル色をそこかしこで出してくるのも
ZOETROPEの特徴。


3曲目"Mercenary"や6曲目"Break Your Back"では
初期IRON MAIDENばりの疾走ツインリードハーモニーを
聴くことができます。これがまたカッコいい!


その"Break Your Back"と4曲目のタイトル曲"Amnesty"が
個人的にはお気に入り。

疾走・初期衝動・爆発感溢れる名曲です。


BLACK SABBATH調の重いイントロから
若干VOIVODっぽいクセのあるリフで疾走する
最終曲"Trip Wire"も素晴らしい。



2ndもクオリティは高く十分に名盤なのですが、
タイトさが増しておりそこは好みが分かれるところかもしれません。

やさぐれ感・ヤクザ感・突っ走り感は1stの方が上。


1stと2ndの質感の違いを例えるなら、
『SPREADING THE DISEASE』と『AMONG THE LIVING』、
もしくは『RIDE THE LIGHTNING』と『MASTER OF PUPPETS』の
違いに近いかと思います。


まあどっちも聴けよと。



2nd発表後、ZOETROPEは分裂。


バリー・スターンは同郷シカゴのTROUBLEへ加入、
セカンドギタリストはM.O.D.へ行ってしまい、
残されたリードギタリストは新メンバーを集め
1993年に3rd『MIND OVER SPLATTER』を発表。

アルバムタイトルの威勢はいいものの、
内容的には平凡極まりない駄作。これは聴かなくていいです。



ぜひとも再結成して小さいライヴハウスで
1stや2ndの曲を演ってほしい…ところなんですが、
肝心のバリー・スターンは2005年に急逝してしまいました。


ともあれ硬派なスラッシュ/ハードコアが好きな人には
おすすめできるバンドでございます。お試しあれ。


ちなみにYoutubeでは1987年のライヴ映像が観れます。
超カッコいい!




Evil Woman in Alternative Rock | Home | アメリカン倍速プログレ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。