アイルランドの至宝

ザ・コアーズ・アンプラグドThe Corrs Unplugged
THE CORRS

曲名リスト
1. Only When I Sleep
2. What Can I Do?
3. Radio
4. Toss the Feathers
5. Runaway
6. Forgiven Not Forgotten
7. At Your Side
8. Little Wing
9. No Frontiers
10. Queen of Hollywood
11. Old Town
12. Erin Shore
13. So Young
14. Everybody Hurts
15. Dreams

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ケルト風味のフォークロック/ポップスを聴かせる
アイルランドのTHE CORRS。

5枚のスタジオ盤と3枚のライヴ盤いずれも素晴らしい作品だが、
どれか1枚選ぶとするならばダントツでこの『UNPLUGGED』だ。


長男ジム・コアー(G, Key)
長女シャロン・コアー(Violin, Vo)
次女キャロライン・コアー(Dr, Vo)
三女アンドレア・コアー(Vo, Tin Whistle)

から成る兄妹ユニットTHE CORRSが、
99年にMTVアンプラグドで演奏を行った模様を収録した本作。

1st『FORGIVEN, NOT FORGOTTEN』と
2nd『TALK ON CORNERS』の曲を中心に、
この時点での新曲"Radio"も交えたセットリストとなる。



各曲ともスタジオ盤verも十分に良いのだが、
もともとアコースティックな風情を持つ音楽性なので
こうして余計な装飾を削ぎ落とし演奏されると
より一層素晴らしさが際立つ。


またオリジナル曲以外にも、アイルランド民謡のインスト曲
"Toss the Feathers" "Lough Erin Shore"(いずれも1st収録)や、

ジミヘンの"Little Wing"、R.E.M.の"Everybody Hurts"、
FLEETWOOD MACの"Dreams"といった有名どころから
ジミー・マッカーシーの"No Frontiers"、
THIN LIZZYフィル・ライノットのソロ曲"Old Town"といった
渋いところまで、多岐に渡るカヴァーも披露。

特に"Dreams"と"Old Town"の
アレンジ&パフォーマンスが絶品だ。



4人とも一級品の演奏力・歌唱力を誇り、音質も最高。
個人的に発売以来ずっと愛聴している名ライヴ盤である。



透明感と機微に溢れるアンドレア・コアーのVoが大好きなんだが、
シャロンとキャロラインもアンドレアに匹敵する歌唱力を持ち
本作の"No Frontiers"では二人のリードVoを聴くことができる。


余談だがこの3人、姉妹ゆえ声質がそっくりであり、
音源を聴いただけだとまさかシャロンとキャロラインが
歌っているとは思わなかった。映像を観て驚愕した次第。



この『UNPLUGGED』はDVDも発売されており、
MTV向けに録られたこともあって非常に良画質。
こちらも併せてぜひどうぞ。

映像で観るとシャロン、キャロライン、アンドレアの
すさまじい美貌も鑑賞することができてとてもお得。

なおDVDは実際の曲順通りのセットリスト並びになっている。



本作以降のTHE CORRS作品としては
2000年の3rd『IN BLUE』、2004年の『BORROWED HEAVEN』、
2005年の『HOME』がある。


当時MTVでもPVが頻繁に流れスマッシュヒットとなった
"Breathless"を収録している『IN BLUE』、

頭2曲"Summer Sunshine" "Angel"のメロディラインが素晴らしい
『BORROWED HEAVEN』が特におすすめ。


In Blue
In Blue


Borrowed Heaven
Borrowed Heaven


なお『HOME』にはフィル・ライノット"Old Town"の
スタジオヴァージョンが収録されているが、
『UNPLUGGED』でのアレンジの方が個人的には好きだ。



子育てとソロ活動のため2006年から活動停止しているTHE CORRS。


長女シャロンはジェフ・ベック等をゲストに迎え
2010年に『DREAM OF YOU』を、

三女アンドレアは2007年に『TEN FEET HIGH』、
2011年にカヴァー集『LIFELINES』をソロでそれぞれ発表。



アンドレアの『LIFELINES』はジャズスタンダードや
THE VELVET UNDERGROUND、ニック・ドレイク、
ジョン・レノン、JON & VANGELIS、THE DOORSなど
激渋のチョイスでしっとりと聴かせる良作。

制作陣としてブライアン・イーノが関わっている。


Lifelines
Lifelines



シャロン・コアーは
「将来THE CORRSとして再び活動するかどうかは不明」
と語っているが、いつの日かまたこの4人で活動してほしいものだ。











後期90年代=メロハー黄金期 | Home | 英国ジャズを味わう

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する