スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業界の名脇役

Under the Red & White Sky/...Under the Red & White Sky
John Wesley

曲名リスト
1. Into the Night
2. None So Beautiful
3. Thirteen Days
4. Waiting for the Sun
5. She Said No
6. The Last Night
7. To Reach Out
8. Rome Is Burning
9. Our Hero
10. What You Really Want
11. Cuttin' the Tree
12. Silver

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



PORCUPINE TREEのツアーギタリストとして広く名が知られる
ジョン・ウェズレイ。

ソロでも活動しているこの人はギタリストであると同時に
素晴らしいヴォーカリストでもある。

これまで6枚のソロ作を発表しているウェズレイだが、
今日は1994年のデビュー作を紹介したい。


フィッシュのツアーバンドメンバーを務めたり
ソロとしてMARILLIONの前座で演奏したりと、
スティーヴン・ウィルソンだけでなく
そのあたりの界隈とも繋がりが深いジョン・ウェズレイ。

このデビュー作もMARILLIONのRacket Recordsから発表されている。


キーボードをMARILLIONのマーク・ケリーが弾いており、
同じくMARILLIONのイアン・モズレーや
スティーヴ・ロザリーも数曲で参加。

そして全編でベースを弾いているのは
CYNICやGORDIAN KNOTで有名なショーン・マローンだ。


非常に豪華な演奏陣を従えたこのアルバム、
プログレ色は意外にも薄く、
コンパクトでシンプルなオルタナティヴ・ポップロック/SSWといった印象。

哀愁をがっつり湛えたウェズレイの男臭く切ないヴォーカルがたまらない。
派手さは無いが渋さ溢れるメロディが最高にカッコいい。
心に染み入る歌唱である。

まさにロザリー節なギターソロが聴けるThirteen Daysはじめ、
捨て曲なしの名盤だ。


少しヘヴィな音像を聴かせる2005年の4th『Shiver』や、
2014年にInside Outへ移籍して発表された6th『Disconnect』など
他のアルバムもそれぞれに異なる情景を見せつつ聴きどころ満載なので
ぜひご一聴いただきたい。



現在PORCUPINE TREEが開店休業中ではあるが、
フィル・コリンズの息子のバンドSOUND OF CONTACT(先日解散)や
BIG ELFのツアーにゲスト参加したり
ソロバンドではFLYING COLORSの前座でツアーを回ったりと
精力的に活動しているジョン・ウェズレイ。

P.TREEとして2回来日しているが、
そろそろソロバンドでも来日してほしいと切に願う。


※昨年ドイツのNight of the Progフェスに行った際、
 当初はウェズレイも出演者に名を連ねていたのだが
 諸事情で出演キャンセルとなり観ることは叶わなかった。残念。


余談だがこの人はRUSHのニール・パートとも仲が良いらしく、
プライベートで一緒にツーリングをしたりしているようだ。








Progressive Metal in 2015: 157 Albums Review | Home | 荘厳なる調べ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。