Melanie Mau & Martin Schnella - Gray Matters

Gray MattersGray Matters
Melanie Mau & Martin Schnella

1. Miracles Out of Nowhere
2. Digging in the Dirt
3. Point of Know Return
4. Changes
5. Swim
6. Let This River Flow
7. Curse My Name
8. Onward
9. The Storm
10. Green-Tinted Sixties Mind
11. Stop Loving You
12. The Pinnacle
13. The Grand Experiment
14. Colder Months/Peaceful Harbor
15. I See Fire (Live at the Overlodge)

See details at Amazon
by G-Tools


最近なかなか良いカヴァーアルバムがないなあ…と思ってたところに
素晴らしい作品が出てきた。


SEVEN STEPS TO THE GREEN DOORやFLAMING ROW等のプログレバンドで
活躍するドイツ人マルチミュージシャンのMartin Schnellaが、
同じくドイツ人シンガーのMelanie Mauと組んで作成した
アコースティックカヴァーアルバムが本作。

2015年にドイツのプログレ系インディレーベル、
Progressive Promotion Recordsから発売されている。


収録曲とオリジナルは以下の通り。

1. Miracles Out of Nowhere
 →KANSAS「LEFTOVERTURE」(1976年)収録

2. Digging in the Dirt
 →Peter Gabriel「US」(1992年)収録

3. Point of Know Return
 →KANSAS「POINT OF KNOW RETURN」(1977年)収録

4. Changes
 →YES「90125」(1983年)収録

5. Swim
 →IN FLAMES「CLAYMAN」(2000年)収録

6. Let This River Flow
 →SOILWORK「THE PANIC BROADCAST」(2010年)収録

7. Curse My Name
 →BLIND GUARDIAN「AT THE EDGE OF TIME」(2010年)収録

8. Onward
 →YES「TORMATO」(1978年)収録

9. The Storm
 →FLYING COLORS「FLYING COLORS」(2012年)収録

10. Green-Tinted Sixties Mind
 →MR. BIG「LEAN INTO IT」(1991年)収録

11. Stop Loving You
 →TOTO「THE SEVENTH ONE」(1988年)収録

12. The Pinnacle
 →KANSAS「MASQUE」(1975年)収録

13. The Grand Experiment
 →THE NEAL MORSE BAND「THE GRAND EXPERIMENT」(2015年)収録

14. Colder Months/Peaceful Harbor
 →ALPHA REV「NEW MORNING」(2010年)収録
 →FLYING COLORS「SECOND NATURE」(2014年)収録

15. I See Fire (Live at the Overlodge)
 →Ed Sheeran「X」(2014年)収録


どれも最高だが、特に良いものに★を付けた。


ご覧の通りプログレ、メタル、ハードロック、ポップス、オルタナなど多岐に渡る
新旧幅広いチョイスがまず渋い。

アコースティックにすることで新たな魅力が加わったYESの4、
原曲の核を残しつつあたかもオリジナル曲かのように仕上げた
IN FLAMESやSOILWORKの5・6、
Martin SchnellaとMelanie Mauの演奏能力・ミュージシャンシップの高さが
ストレートに反映されているMR. BIGの10や
KANSASの1・3・12など、アレンジ能力も一級品。

収録曲すべてに言えることだが、このカヴァーを通して
オリジナルの良さも改めて実感できる出来になっている点が素晴らしい。


それにしてもこの二人、めちゃくちゃ上手い。

Martin Schenellaの演奏技術や歌唱力は他バンドですでに実証されているが、
Melanie Mauの歌唱が本当に白眉。

Melanieは他に目立ったバンドもやっておらず、まったくの無名に近いようだ。
もっと注目されるべき人だと思う。


加えてサウンドプロダクションも秀逸。
プロデュース・ミキシングともにお見事。
ここまでくると知名度の低さが疑問に思えてくるほど。


公式Youtube動画を観ればそのあたりがよくわかるので
ぜひご覧ください。










なお本作、PAIN OF SALVATIONのLeo Margaritや
SEVEN STEPS TO THE GREEN DOORのMarek Arnold等がゲスト参加。


目下ヘヴィローテーション中でございます。
日本からだとGarden ShedやDisk Unionで購入可能。

スーパーおすすめ!

The Mute Gods - Do Nothing till You Hear from Me | Home | Steven Wilson - 4 ½

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する