Anthrax - For All Kings

For All Kings/digipakFor All Kings
Anthrax

曲名リスト
1. You Gotta Believe
2. Monster at the End
3. For All Kings
4. Breathing Lightning
5. Suzerain
6. Evil Twin
7. Blood Eagle Wings
8. Defend/Avenge
9. All of Them Thieves
10. This Battle Chose Us!
11. Zero Tolerance

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


やたら前評判が高かった割には
うーんそんなにでもないかな…ってのが3周聴いた上での印象。


ざっくり言うと前半は並で後半になるとやや持ち直す、って感じだ。

ミドルテンポ気味の曲が続くアルバム前半は正直
流れとしてあまり練られていないような気がする。


Joey Belladonnaはがんばってるけど歌メロがやや一本調子なのが
気になるし(歌メロ作ってるのはFrank Belloらしいが)、
リフがそれほどおもしろくないのがちょっと痛い。

ラジオフレンドリーなBreathing Lightningにしても、
どうせなら「WE'VE COME FOR YOU ALL」のSafe Homeみたいに
もっと振り切っちゃえばいいのに、と感じてしまう。


それぞれ単曲で聴くとそれほど悪くないし
前作のFight 'em 'til You Can'tみたいに
ライヴでカッコよさが増すようなタイプの曲だとは思うけど、
流れとして繰り返し聴くのはちょっときついかな…と。

「PERSISTENCE OF TIME」のA面に近いかなって感じですね。



一方で7曲目以降は良い曲が続く。
特にBlood Eagle Wingsのドラマティックなギターソロは素晴らしい。

全編通してそうだけど、今回から参加しているSHADOWS FALLの
Jon Donaisがとっても良いパフォーマンスを見せている。
歴代リードギタリストの中で一番かもしれない。

続くDefend/Avengeもライヴでの合唱を誘いそうな
いい感じのグルーヴメタルだし、
All of Them Thieves後半やThis Battle Chose Us!後半の
疾走パートもカッコいい。

んで最後は激速スピードチューンのZero Torelance。
うおーこれだよこれ!って感じですね。
純粋なスラッシュメタルがこれ1曲だけってのも若干寂しいですが。


てな感じで前半さえ耐えれば聴後の印象はけっこう良いアルバムです。



特に目新しいことは何もやってないし、
「さすがの大御所!」的な貫禄と説得力に溢れているわけでもないので
ぶっちゃけ「いつものANTHRAX」以上でも以下でもないと思いますが、
まあ前作よりは良いかなと。



正直ここ20年ぐらいのANTHRAXは、ちょっとシリアスすぎると思う。

速い曲をもっと作れとは言わないけど、このバンドの魅力だった
「軽快さと脱力感とバカバカしさ」がもっと欲しい。


Charlie Benante/Scott Ianがかっちょいいリフを作ってくれれば
別にそれでいいんですけど、まああまり期待できないのでね…。

「ATTACK OF THE KILLER B'S」的なアルバムを作るか、
もしくはS.O.D.を復活させるかして昔の勘を取り戻してほしいな。
(って新譜出るたびにそう思うけど)













Frequency Drift - Last | Home | Jordan Rudess - The Unforgotten Path

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する