スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Frequency Drift - Last

LastLast
Frequency Drift

1. Traces
2. Diary
3. Merry
4. Shade
5. Treasured
6. Last Photo
7. Hidden
8. Asleep

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ドイツのクロスオーヴァープログレ、前作から2年ぶりの新譜。

2008年のデビュー以降、コンスタントにアルバムを発表しているバンドの
6th(企画盤「SUMMER」を除く)です。


バンド自ら"Cinematic Music"と謳っている通り、
ダークでメランコリックで幽玄な情景を想起させるプログレを特色としていて
過去作も高い評価を受けてきたFREQUENCY DRIFT、
今回もそのクオリティの高さが遺憾なく発揮されていて文句無しの名盤。


このバンド、とにかくメンバーが流動的で、核となる
Andreas Hack(Key)
Nerissa Schwarz(Harp、Mellotron)
以外のメンツはほぼアルバム毎に異なる感じなんですが
今作ではなんとギターにMartin Schnella、VoにMelanie Mauを起用。


Martin Schnellaは当ブログでも紹介したSEVEN STEPS TO THE GREEN DOOR
FLAMING ROW他で活躍するドイツ人ギタリスト(というか何でも弾ける)。

そのMartinと公私ともにおけるパートナーでもあるMelanie Mauについても
先日ご紹介した通り。


個人的に非常にプッシュしてる二人、という贔屓目を除いても
本アルバムにおける両者の活躍は素晴らしい。

特にMelanieのパフォーマンスは白眉。

ヘヴィで暗鬱な音像の中に降り注ぐクリアで美しい、それでいて
憂いと哀しみを湛えた歌声には心が震えます。
時にダークな声色を使い分ける表現力も聴きどころ。


Melanieの歌唱とMartin Schnellaのギターソロが感動的なシンクロを見せる
6曲目のLast Photo、ドラマティックに展開する最終曲Asleepが
本作のハイライトでしょう。


前作「OVER」や3rd「GHOSTS」、4th「LAID TO REST」も傑作であり
路線としては何も変わってはいませんが、
Martin&Melanieの加入によって今回明らかにクオリティがアップしていて
間違いなく過去最高傑作。


欧州ならではの暗鬱で美しいメロディが堪能できる本作、超おすすめです。









Iamthemorning - Lighthouse | Home | Anthrax - For All Kings

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。