スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sixx: A.M. - Prayers for the Damned (Vol. 1)

プレイヤー・フォー・ザ・ダムドVol.1Prayers for the Damned (Vol. 1)
Sixx: A.M.

曲名リスト
1. Rise
2. You Have Come to the Right Place
3. I'm Sick
4. Prayers for the Damned
5. Better Man
6. Can't Stop
7. When We Were Gods
8. Belly of the Beast
9. Everything Went to Hell
10. The Last Time (My Heart Will Hit the Ground)
11. Rise of the Melancholy Empire

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



Nikki Sixx、James Michael、DJ Ashbaによるバンドの4th。
今作よりBLEEKER RIDGEのDustin Steinkeを正式ドラマーとして
バンドに迎えている。


前作や前々作の際にも書いたけど、1994年にピークを迎えて以降
右肩下がりだったNikki Sixxの作曲能力を見事に復活させた
James Michaelはマジで、マジで有能。

21世紀のThe Best of 有能大賞を個人的に授与したいぐらいです。


路線は1stから変わらず安定のアメリカン歌ものモダンハードロック。
それにしてもコンスタントにアルバムを出し続けていながら、
ここまで高いクオリティを保ち続けているのは本当にすごい。

ドラマティックかつキャッチーなメロディライン、
Jamesの歌唱力の高さ、DJ Ashbaの素晴らしいギターワークが
今回も十分に堪能できます。


特に先行公開されたシングルRiseからYou Have Come to the Right Place、
I'm Sickへとつながる冒頭3曲の破壊力はヤバい。

他の収録曲もすべてシングルカットできるレベルのフックが満載。



すでにMÖTLEY CRÜEの終焉が決まっていたことで
フレッシュな気持ちでこちらに臨めたであろうNikki、
リユニオンGUNS N' ROSESに参加する選択肢も提示されておきながら
脱退してSIXX: A.M.に専念することを選んだDJ Ashbaがそれぞれ
伸び伸びと制作に携われたことが伝わってくる充実ぶり。

1st〜3rd同様、文句無しの傑作です。
本作の後編となるVol. 2も2016年中のリリースが予定されていて、
そちらも期待できそう。



2015年2月にVampPark Festへ参加した際の武道館ライヴを
当日観に行きましたが、(わずか6曲ながら)クールなパフォーマンスでした。

今年のLoud Parkへの参戦も決まっており、とても楽しみです。









Frost* - Falling Satellites | Home | Francis Dunnery - Vampires
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。