スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Frost* - Falling Satellites

Falling SatellitesFalling Satellites
Frost*

1. First Day
2. Numbers
3. Towerblock
4. Signs
5. Lights Out
6. Heartsrings
7. Closer to the Sun
8. The Raging Against the Dying of the Light Blues in 7/8
9. Nice Day for It...
10. Hypoventilate
11. Last Day
12. Lantern
13. British Wintertime

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



2008年の2nd「EXPERIMENTS IN MASS APPEAL」から
活動休止〜再始動を挟んでの8年ぶりの3rd。

2011年にJem GodfreyがFROST*復活を宣言してから
結局5年も待たされたわけですが、それだけ待った甲斐のある傑作です。


導入部First Dayでの煽りからアップテンポなNumbersへと雪崩れ込む
掴みは完璧。

続くTowerblockはアンビエント+ブレイクビーツ/グリッチホップといった
実験的な手法を活用しつつ、後半でドラマティックな展開を見せる名曲。

Signsでヘヴィな展開を見せ、その次のLights Outがこれまた白眉。
この曲でゲスト参加している女性Vo、Tori Beaumontがとにかく素晴らしい。
Jemとのコーラスやバックグラウンドで歌う声質とアトモスフェリックな曲調
との相性が抜群です。おれはこの曲が一番好きだなー。


Heartstrings以降の6曲は"Sunlight"と題された一つの組曲になっています。
(とは言えあまり組曲感はなく、それぞれ個々の楽曲として楽しめる)

先行公開されたHeartstringsは
2013年のライヴ作品「THE ROCKFIELD FILES」に収録されたものと同曲。

「THE ROCKFIELD〜」ではHyperventilateとBlack Light Machineに挟まれる
かたちで収録されていましたが、そこでも違和感が無かったように
まさに1stのFROST*を想起させる曲調。


続くCloser to the Sunは中盤までChillwave/IDM的な雰囲気で展開し
3分23秒あたりでギターソロが切り込むこれまたドラマティックな曲。

ここでのギターソロはJoe Satrianiがゲスト参加で弾いていますが、
完璧にマッチしていて本当に素晴らしい。
ギターソロからキーボードソロへ展開し、このあたりのメロディは
1stのMilliontownのフレーズを意図的に再利用しているように思えます。

7分50秒とアルバム収録中最長となる
The Raging Against the Dying of the Light Blues in 7/8は
現在Steven Wilson Bandでも活躍しているCraig Blundellのドラムが印象的。

その次のThe Nice Day for It...と併せてこのへんも1stっぽいですね。


サウンドスケープ的な小曲Hypoventilateを経てラストは
ピアノ+Voでエモーショナルに聴かせるThe Last Day。
ここでの歌唱は実に感動的です。



なお本作のデラックスエディションはボーナストラックが2曲ついており、
そのうちの1曲LanternはHeartstringsと同じく
「THE ROCKFIELD FILES」に収録されていたものです。

シンプルなLantern、メロディが素晴らしいBritish Wintertimeともに
ボーナスにしておくにはもったいない佳曲なので手に入れるならそちらを。



Dec BurkeがメインVoで参加した前作2ndは悪くはなかったものの、
ボリューム面でのサウンドプロダクションがちょっとイマイチだったことと
1stでの魅力だった突き抜けるような爽快感や
ハイブリッドなドラマティックさがやや希薄だったように感じます。

今回の復活作はそのあたりを改善してまさに「皆が求めるFROST*」を
体現しつつ、古臭さや他バンドとの近似性を感じさせないさすがのクオリティ。


次はぜひ来日してもらってライヴ盤「FROST*FEST」や
「THE PHILADELPHIA EXPERIMENT」、「THE ROCKFIELD FILES」で
聴けるような完璧なライヴを体験したいですね。













映画「聲の形」と私 | Home | Sixx: A.M. - Prayers for the Damned (Vol. 1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。