ペイジよりギター上手いのは内緒で

B00001IVKRZooma
John Paul Jones

曲名リスト
1. Zooma
2. Grind
3. The Smile of Your Shadow
4. Goose
5. Bass 'N' Drums
6. B. Fingers
7. Snake Eyes
8. Nosumi Blues
9. Tidal
10. Fanfare for the Millennium

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


LED ZEPPELINで最も影の薄い男、
ジョン・ポール・ジョーンズ。


ZEP最盛期の頃でさえ、変装せずに外出しても
誰にも気づかれなかった男、ジョンジー。

DVDを見ても、画面に映る割合が他の三人に比べて
極端に少ない男、ジョン・ボールドウィン(本名)。


まぁ本人はそういう“一番目立たないメンバー”という
ポジションを気に入ってるフシもあるんですが、

それにしてもこの世間的な認知度の低さは
あまりにもかわいそう。



しかしながら、あの偉大なるLED ZEPPELINにおいて
このジョン・ポール・ジョーンズこそが要であったことは、

ZEP好きの方々にとってはすでに周知の事実であるかと思います。



んで、

その“ZEPサウンドにおけるジョンジーの重要性”について
あれこれ語っていくと長くなりすぎるでしょうし、

コアなペイジファンの方々からいろいろと
ツッコミをもらうことでしょうから
今回は割愛させていただくとして、


とりあえず

そういう“なんか地味な人”っていうイメージを抱いたまま
この1stソロ『ZOOMA』を聴き始めた人は

間違いなく1曲目で度肝を抜かれるぞ、
ということを言いたいのですよおれは。


最初の“Zooma”からいきなり
10弦ベースによるヘヴィでアグレッシヴなプレイが炸裂!
めちゃくちゃカッコいいです。

こんなに若さあふれる人だとは思っていなかったので、
おれも最初に聴いたときにはびっくりしましたです。


このアルバムは全編インストなんですが、
玄人好みのしっぶ~い感じでは全然なくて、
いや当然職人的な曲の作り方なんだけど、
とにかく一貫してテンションが高い。

完璧にロックですね。


また、ZEPファンなら、ジョンジーのソロと聞いて
なんとなくキーボード主体っぽいイメージを持つだろうと思いますが

この『ZOOMA』は徹頭徹尾“ベース・アルバム”です。


ジョンジーは通常の4弦ベースのほかに
10弦ベース、12弦ベース、ベース・ラップ・スティールなどを
駆使して、あくまでもベース・サウンドをメインに据えています。

キーボードは7曲目の“Snake Eyes”で
ハモンド・ソロが聴ける程度でしょうか。


そしてインストとはいっても退屈さとは無縁。

さすがZEP以前から(そしてZEP以後も)
名アレンジャー/プロデューサーとして活躍していただけあって、

アルバムとして、曲としての起伏をしっかりつけている
あたりは素晴らしいです。


もちろんテクニックはハンパじゃないっす。

これは99年(にして初めてのソロ!)の作品なんですが、
全く衰えてないですこの人。

この辺ペイジとプラントにはもっと見習えと言いたいですよね。



ZEPをコピーしてみるとよく分かるんですが、ジョンジーは昔から
意外と派手に動きまくるベースラインを弾くんですよ。
“Stairway to Heaven”ですらあんなに豪快だしなぁ…。

それでいてかなり印象に残るフレーズをつくる。
そのへんのセンスは『ZOOMA』でも健在。


個々の曲に関して言えば、
やはりZEPを思わせる感じのものもあったりするんですが、

ジョンジー自身がZEPのサウンド作り/曲作りに大きく関与していた
ことを考えると、それも当然だと言えますな。


曲によってはそのヘヴィな質感と展開が
最近のKING CRIMSONを多少想起させるものもあります、個人的に。

ちなみにそのKING CRIMSONのトレイ・ガンが
(そういえばまだバンドにいるんですかねこの人は)
6曲目の“B. Fingers”に参加しており、

『ZOOMA』もロバート・フリップのレーベルから発売されています。


ライナーノーツを読むとジョンジーはどうやら
デイヴィッド・クロスやジョン・ウェットンとも親交があるようで、
そのメンツでなにか作れば面白いのに、と思います。




ベース弾きの人はけっこう楽しめると思うし、
またベースを弾かない人にとっても、
聴き応えのあるロック作品としておすすめしてみた次第。




ところで、2ndソロ『THE THUNDERTHIEF』を聴いてみたいんですが
どこにも売ってないんだよねー。

もし見かけた方がいらっしゃいましたらご一報下さい。
よーこーふぁっきーんはーまー!!! | Home | ひっさびさのA to Z

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する