スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震えるか? おれもだ。

Blade Runner - O.S.T.Blade Runner O.S.T.
Vangelis

曲名リスト
1. Main Titles
2. Blush Response
3. Wait for Me
4. Rachel's Song
5. Love Theme
6. One More Kiss, Dear
7. Blade Runner Blues
8. Memories of Green
9. Tales of the Future
10. Damask Rose
11. Blade Runner (End Titles)
12. Tears in Rain

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日はちょっと異色の作品をご紹介。


みなさん、ヴァンゲリスという人をご存知でしょうか。
映画音楽の世界的巨匠です。


多くの代表作がありますが、おそらく一番有名なのが
映画「炎のランナー」のテーマ曲“Chariots of Fire”。

この曲を知らない人はいないでしょう。
曲名わからなくても絶対聴いたことあるはず。

しょっちゅうテレビ番組のBGMに使われてるし。
最近もみずほのCMで流れてますね。

あと2002年の日韓W杯公式アンセムを手がけたりもしてます。


そんな世界的有名音楽家のヴァンゲリスですが、
この人実はプログレ出身。

ギリシャにAPHRODITE'S CHILDという
プログレッシヴ・ロック・バンドがありまして、
ヴァンゲリスはかつてそこに在籍してました。
72年の『666』というアルバムが有名です。

YESのジョン・アンダーソンと
JON & VANGELIS名義で活動してたりもする。


ソロで活動し映像作品を手がけるようになってからの
作品だけでも30枚以上に渡るらしいんですが、

その中から映画「ブレード・ランナー」のサウンドトラックを
紹介してみようと思います。
ていうかこれしか持ってないんだけどね。



「ブレード・ランナー」は言うまでもなく
映画史上に残る名作SFとして有名ですな。
主演ハリソン・フォード。

おれはこの映画自体がかなり好きです。

ストーリーはもちろん、なんというかその世界観、
退廃的な美しさを感じさせる雰囲気がとてもいい。


この映画の音楽を担当したのがヴァンゲリス。

サントラ盤というと複数のアーティストの曲が
混在しているものが多いですが、
「ブレード・ランナー」のサントラは
全曲ヴァンゲリスが書いてます。

なのでムードというかトーンが一貫しており、
一つのアルバムとして純粋に楽しめる。

映画本編で使われていない曲もいくつかあるけど
別に違和感は無し。



まぁこういうサウンドトラックというのは
所詮は雰囲気モノに過ぎないし

解説するような類のものでもないので
あえてあれこれ言うつもりはありませんけど、

ひとこと言うなら
もの悲しいムードが映画とマッチしていて良いなあ、と。

うん、それだけ。



夜中に部屋を暗くしてこれを流してるとかなりいいっすよこれは。

特に“Rachel's Song”と“Love Theme”には
たまらんものがあるね。
思わず遠い目をしてしまいます。


爆音漬けの毎日に飽きたとき、
ストレスに満ちた日々の生活に疲れきったときなんかに
こういうのが聴きたくなる。

四六時中メタルを聴くのも体に良くないし。

音楽生活にもバランスが必要なのです。


というわけで、
おれにとっての安らぎの音楽をご紹介しましたとさ。



あ、映画をまだ観ていない人は一回観といた方がいいですよ。
気に入るか気に入らないかは別として。

PINK FLOYDじゃなかった!! | Home | プログレ界の渡り鳥

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。