スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べすてぃあーる いんべいじょーん!

Live Discharge: 20 Years of Total DestructionLive Discharge: 20 Years of Total Destruction (DVD)
Destruction

曲名リスト
1. Curse the Gods
2. Nailed to the Cross
3. Wacken-Before the Show
4. Eternal Ban
5. Mad Butcher
6. Life Without Sense
7. Machinery of Lies
8. Thrash Till Death
9. Destruction on Tour
10. Metal Discharge
11. The Butcher Strikes Back
12. The Antichrist (Medley)
13. Reject Emotions (Medley)
14. Release from Agony (Medley)
15. Tears of Blood
16. Marc Drum Solo
17. Tormentor
18. Destruction Worldwide
19. Invincible Force
20. Bestial Invasion Fuck Up
21. Bestial Invasion
22. Wacken-After the Show
23. Bullets from Hell
24. Pratteln-Backstage Aftershow
25. Total Disaster

Additional Bonus Tracks on DVD:
More of Destruction Live Specials
Australian Tour Special
Interview: 20 Years of Destruction
Videoclips
Audio Discography
Picture Gallery

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


昨年のスラッシュ・ドミネイション05において

DESTRUCTIONのシュミーアこそが“ドイツのメタル・ゴッド”
であることが見事に証明されたわけですが、
(もちろんKREATORのミレもね)


今日はそんなDESTRUCTIONのDVDをご紹介。


これはカッコよろしいですよ。

2002年&2003年のライヴ映像で本編が構成されていますが、
臨場感たっぷりで最高に興奮します。


いきなり“Curse the Gods”ですからね。
たまらんですね。

その“Curse~”とか“Mad Butcher”、“Reject Emotions”
“Bestial Invasion”などといった過去の名曲群はもちろん、

“Thrash Till Death”や“Metal Discharge”、
“Bullets from Hell”あたりの最近の曲も非常にカッコいい。


昔の曲とは多少リフの質が変わっていることは確かですが、
こうしてライヴの流れで聴くとまったく違和感ないし

なにより思いっきりスラッシュ・メタルしてますからね。



考えてみるとDESTRUCTIONというバンドは、
まぁシュミーア脱退とかは途中であったにせよ
音楽的な回り道というのがあまり無いバンドなのではないかと。

ここまで徹頭徹尾ベタベタなスラッシュをやり続けている
バンドというのも珍しい。


あとこうして映像でみると
とにかくシュミーアの存在感がハンパじゃないです。


この人はルックスが抜群にカッコいいというのもあるし、
いまだに邪悪な雰囲気を撒き散らしているところがもう最高。

フロントマンとしてのオーラは
デイヴ・ムステインとかトム・アラヤに匹敵あるいはそれ以上
なのではないかと思います。


多少ドスの効いた感じの声にはなりましたが
唯一無二のヒステリックな歌唱は健在だし、

ベースプレイもかなり巧いことが映像で観るとよく分かる。
(スタジオアルバムだとベースが埋もれちゃって聴こえないので…)

ライヴだとどの曲もスタジオの1.5倍ぐらいの速さで
演奏されてるんですけど、

シュミーアのピッキングが速すぎ。
“Bestial Invasion”とかは特にそう。
ピック弾きだからというのもありますが、とにかく速ぇ。

さすがに歌ってる間はピッキング速度半分にしてますけどね。


シュミーアだけでなくギターのマイク、
ドラムのマークもすんごいっす。みなさん巧いなぁ。

まぁ第一線のスラッシュ・バンドでヘタな人なんていないんだけど。
ラーズぐらいか。いやなんでもない。



というわけでこのDVD、買いです。

途中でいくつかバックステージとかのオフ映像も挿入されてますが
その間もBGMが爆音で流れてるのでテンション落ちたりはしません。
疲れるけど。


ボーナス映像も
1988年のライヴとか1985年の“Bestial Invasion”などなど
盛りだくさん(後者は口パク)。

昔の演奏を観るとまーさすがに今と比べてかなり荒いですが
しかしカッコいいよね。

ツインギター時代の映像なんてかなりレアだと思う。


昔のシュミーアを見て「ニッキー・シックスに似てる」
…と思うのはたぶんおれだけでしょう。




最近スラッシュ系のDVDがけっこう発売されてますが、
ありがたいですねそういうのは。

やっぱりライヴは映像が伴うと興奮が増すもんだから。


そんな中でもこれは
SLAYER『STILL REIGNING』、ANTHRAX『ALIVE 2』と共に
スラッシャーはマストbuyなDVDだと思います。

METALLICAの『CLIFF 'EM ALL』とかも
日本盤で再発してくれないかなぁ。



しかしこの『LIVE DISCHARGE』でも観られる
ドイツのフェス「Wacken Open Air」の雰囲気はホント素晴らしい。

この「Wacken」、あと
オランダの「Dynamo Open Air」とイタリアの「Gods of Metal」
イギリスの「Download Festival(旧Monsters of Rock)」

といった欧州メタルフェスは
死ぬまでに一度は行っておきたいな。

鍵盤馬鹿一代 | Home | EXTREME THE DOJO Vol.15

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。