スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Here's a Report for Ya!

5月21日東京国際フォーラムでのWHITESNAKEライヴレポ。
遅くなってごめんちゃい。


おれは3年前の来日公演も観にいったのですが、
その時とメンバーはほとんど変わらず。

ベースがマルコ・メンドーサからユーライア・ダフィーに
チェンジしたぐらいですね。


さて、AEROSMITH “Let the Music Do the Talkin'”などの
BGMが流れたあと場内暗転、メンバーが出てきました。


デイヴィッド・カヴァデールの決めゼリフ
「Here's a song for ya!」に導かれて始まったのは“Burn”。

WHITESNAKEのライヴなのにのっけからDEEP PURPLEの曲をやるのは
ちょっとどうかと思うけど、まぁつかみとしては最強でしょう。


途中に“Stormbringer”をはさみこむ白蛇お得意のメドレー形式。

ちなみに前回は“Bad Boys”の合間に
“Children of the Night”を入れるという構成でした。


“Guilty of Love” “Love Ain't No Stranger”で
盛り上がったあとは、

初期の名曲“Walking in the Shadow of the Blues”。
やっぱりこの曲は良いですね。



今回のカヴァデールは、かなりまともに歌えていたと思います。
少なくともライヴ前半の歌唱は素晴らしかった。

なんせ前回はやたら叫んでるばっかりだったからなあ…。



“Walking~”からそのまま“Lovehunter”、そして
“Slow An' Easy”へとメドレーでつなぎ、

バラード“Is This Love”。


やや場内落ち着いたところで
「今日はサプライズがあるんだ」と言って披露されたのが新曲。

アップテンポのなかなかカッコいい曲でございました。

なんとなくLAメタルな感じがするのは
このギターコンビだからこそ、でしょう。


“Ready An' Willing”をはさんで
ダグ・アルドリッヂのソロ・タイム。

この人はカッコいいしギターも巧いのですが、
いかんせんソロが長すぎる。

まあ今回はギターを放り投げてみたりと
客を飽きさせないよう努力はしてましたが。


ソロ後半は他の演奏陣も加わってZEP風のジャム。

正直この展開は前回とまったく一緒なのでおれには退屈でした。



ようやくカヴァデールが出てきて“Crying in the Rain”。


このあたりから御大の歌唱がかなりあやしくなってきました。

音程もヘロヘロだし、
歌うべきところでシャウトを多用したりし始める。

ツアーが長かったので疲れが出ていたんでしょうかね。
と、一応フォローしておきます。


“Crying~”の途中でトミー・アルドリッジのドラム・ソロ。


この人のドラミングはパワフルでハード・ロックにはぴったりだし
とても56歳には見えない鉄人っぷりもすごいとは思うんですが、

リズムは全体として若干走り気味だと個人的には思う。

加えて今回、バスドラの音が異常にでかくてうるさかったです。


そしてソロが眠い。

この人の見せ場は素手でドラムを叩きまくるとこにあるんだろうし、
客の大半もそこが楽しみなんでしょうけど、
だったらそこだけやればいいじゃん。

かなり失礼なこと書いてるなおれは。



よーやくソロ終わって“Crying~”に戻り、

“Ain't No Love in the Heart of the City”へ。

ライヴでは欠くことのできない曲の一つですが、
さすがに感動しますね。ここでのヴォーカルは素晴らしかった。


しんみりしたあとは
“Give Me All Your Love” “Here I Go Again”の二連発。

本編終了。


アンコールは“Take Me With You”という渋い選曲を見せたあと
“Still of the Night”で締め。



とまあこんな感じでございましたとさ。


ぶっちゃけ個人的には多少不満の残るライヴだったなあと。


なんというか、選曲ですよね。

初期~中期の曲を多めにやっているのは大歓迎なんですが、
それでもはっきり言って3年前とほとんど一緒です。

大きなメンバーチェンジも無い、新譜も無いという状況なんだから
もうちょっとセットリストを練ってきてほしかった。

曲展開、特にソロの構成とかがまったく同じなのは
なんだかなあ、と思いますよ正直。


“Take Me With You”とか新曲とかを入れてきたのはよかったけど、
もう少し新鮮味がほしいところです。

まぁぜいたくな要求なんですけどね。
今回初めてWHITESNAKEを観た人は相当楽しめただろうし。


しかしそれにしても…
名曲“Fool For Your Loving”を外した意味が
まったく理解できません。なんであれを演らないかなあ。うーん。


新加入のユーライア・ダフィーはなかなか頑張っていたと思います。
けっこう動いてたしね。

しかし前任者のマルコがWHITESNAKEにとっては
かなり適任の人材だっただけに、少々パワーダウンの感は否めない。

特にコーラス面でそれを感じました。


肝心のカヴァデールは、前回よりはるかに良かったです。
前半はね。




というわけで全体的な感想としては、


やっぱレブ・ビーチはカッコいいなあ


ってとこですかね。

なにげに野外フェス初体験 | Home | 今年はなにげにすげーな

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。