枯葉が落ちる庭園

B00027J7OQGarden Shed
England

曲名リスト
1. Midnight Madness
2. All Alone (Introducing)
3. Three Piece Suite
4. Paraffinalea
5. Yellow
6. Poisoned Youth

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


バンド名そのものずばり、英国のプログレ・バンドです。


ENGLANDについて語られるとき、必ずと言っていいほど見られるのが

“YES meets GENESIS” という表現。



一聴すると両バンドの影響が明らかにわかります。


キーボードとギターはもろにGENESISですね。

ドラムのフレーズはところどころで『CLOSE TO THE EDGE』の頃の
ビル・ブラッフォードを彷彿とさせます。

Voはピーター・ガブリエル時々ジョン・アンダーソン、
という感じ。

クレジットを見るとこのバンド、メンバー全員がVoをとっていた
ようなんですが、どの曲を誰が担当していたのかはわかりません。

ただこのヴォーカルハーモニーはYES直系…だと思う、たぶん。




というわけで、YESやGENESISが好きな方には当然お薦めなんですが、

ではこのENGLANDが単なるフォロワーかというと、
そうでもないんですねこれが。


音楽性を漠然と表現するなら、
ジャケのアートワークがそのまま音になったかのような、ポップで
ファンタジック、そして幻想的な雰囲気が感じられます。

メロディも非常にしっかりしている。


そしてなによりも、曲がどれも素晴らしい!

ここですよ。
このバンドのすごさは、その作曲能力にあるとおれは思います。


とにかく曲の構成がすごく明快でメリハリがきっちりしてる。
捨て曲は皆無といっていいんじゃないでしょうか。

3曲目の“Three Piece Suite”と6曲目の“Poisoned Youth”、
両方とも10分を超える大作なんですが、退屈なパートが一切無い。


めちゃくちゃ考えて曲作ってるんでしょうね、このバンド。

細かーいところのフレーズもかなり作り込んでるし、
音の選び方にしてもこいつら相当こだわってんな~と感じます。

かといってオーケストラ起用したりすることもなく、
メンバー4人(G,B,Dr,Key)だけで仕上げているんだからすごいね。



『GARDEN SHED』に収録されている曲にはどれも、
変拍子はあれど、難解な印象はほとんどない。

ないんですが、この音・雰囲気をライヴで再現するのは
不可能なんじゃないかと思いますね。

それぐらい完成度が高い。

たぶん本人たちも、ライヴでどうするか、なんてことは
考えてなかったんじゃないかなぁ。


まぁとにかく、このアルバムは理想的シンフォニック系プログレの
一つ、と言い切ってしまいましょう!

特に前述の“Three Piece Suite”“Poisoned Youth”は素晴らしい。

“Three Piece Suite”の泣きのギターなんて最高です。
まんまスティーヴ・ハケットですが。



ちなみにおれは『GARDEN SHED』、半年ぐらい前に
紙ジャケ再発されたものを買ったんですが、それには
7曲目にボーナストラック“Nanagram”が入ってました。

良い曲です。インスト。




個人的には、GENESISよりENGLANDの方が好きかもしれない。

GENESISは曲によっては「なんかかったるい」と思っちゃうもんで。
ダメダメプログレッシャーですいません。


ただこのENGLAND、問題点が一つ。

アルバムこれ一枚しか出してないんですよね…。



『GARDEN SHED』が出たのが77年。

70年代後半から80年代初頭にかけての時代というのは、
英国プログレにとってまさに右肩下がりの時期です。

なんせ当時はパンク・ロックの時代ですから。

音楽的にパンクと対極の位置にあると言ってもいい
プログレは、片隅に追いやられつつありました。

ENGLANDもそんなバンド群の一つだったんじゃないかと思います。



もったいないですなぁ。
才能があっても作品が全く売れない。
そしてレーベルからクビになる。

この時代、そういう「名盤を一、二枚作って消滅」系の
バンドが異様に多いんですよね。



ほんと奥が深い。




深すぎて金が足りねぇんだよ!

って話なんですけどね。

びっぐいんじゃっぱーん | Home | うーん

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ピンク フロイドの後はジェネシスか?!確実な情報筋から2005年のフェスティバルにマイク ラザフォード、トニー バンクス、フィル コリンズでジェネシスを再結成しようとの動きがあったそうです。残念ながら、もう今年は大きなフェスがないので来年になるかもしれないそ

2005/11/12 (Sat) 10:50 | PROGRESSIVE SOUNDS