スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Progressiveな夜

先日ケーブルテレビのミュージック・エア・チャンネルで
「プログレPV特集」を観ていたんですが(1時間番組)、

これがまたとんでもない番組でした。



とりあえず流れた曲を列挙すると

RUSH “Tom Sawyer”
YES “No Opportunity Necessary, No Experience Needed”
RENAISSANCE “Kings and Queens”
THE NICE “Hang on to a Dream”
PROCOL HARUM “Homburg”
MOODY BLUES “I Know You're Out There Somewhere”
EMERSON, LAKE & PALMER “Knife Edge”
GENESIS “Mama”
JOURNEY “Lights”
ピーター・ガブリエル “Solsbury Hill”



どうですか、この無駄にマニアックなチョイス。


RUSHはまぁ分かる。


しかし次のYESでいきなりオタク大炸裂ですよ。
2ndアルバムからの選曲。

ということは
まだスティーヴ・ハウもリック・ウェイクマンもいない時代。

し、渋い。でも曲はカッコいい。


そしてRENAISSANCEですが、

これは有名なアニー・ハズラム編成ではなく
オリジナルRENAISSANCE時代の楽曲。なぜあえてこれを…。


さらにその後にTHE NICEという不思議な展開。

まぁEL&Pもちゃんと流したから許せるけど、順番逆だろ普通は。
いきなりTHE NICEって。

しかし改めて思ったけど
昔のキース・エマーソンってほんとバケモノですね。


PROCOL HARUMは…“A Whiter Shade of Pale”じゃなくてこれ。
こんな曲しらんがな。


MOODY BLUESに至っては曲調もPVもおもいっきり
産業ロックしてる曲を持ってくるというひねくれっぷり。


EL&Pもエマーソンがキチガイじみたことやってる映像だし…。


GENESIS。もちろんピーガブ期の曲じゃありません。
ついでにスティーヴ・ハケットもいません。


んでなぜかJOURNEYのヒット曲ですよ。
もはやプログレですらない。


ピーガブのソロは妥当なチョイスだと思うけど、
最後これで締めるってどうなのよ? ねえ、どうなのよ?




というわけでおれはけっこう楽しめたけど、どう考えても
「プログレってどんなんかな~」的な人向けの番組ではない。


なによりKING CRIMSONとPINK FLOYDという両巨頭を
完全に無視しているところが笑えた。



そして今日は同チャンネルで
ロリー・ギャラガー特集があったのですが見事に見逃す。くそっ。





そういえばPORCUPINE TREEが単独来日するそうですね。

前座はロバート・フリップ先生とエイドリアン・ブリューの
PROJEKCT SIXだそうですね。


もうこれは行くしかないだろう。

まいすぺーす | Home | れじぇんど

コメント

ポーキュパインまた来てよかったよかった。俺も見に行こう。TOOLも再来日するっぽいね。
YESってセカンドまで微妙なんじゃなかったっけ。
今年最大の目玉はなんといってもHELDON来日ですね。

2006/08/18 (Fri) 02:58 | omashin #- | URL | 編集

おおTOOLも来るのかー。それはうれしいね。

HELDON来日っていつだっけ?
観たいけどその前にアルバムを買わなあかん。

YESは流れてた曲はなかなかアグレッシヴでした。
みなさん弾きまくりで。特にスクワイア

2006/08/18 (Fri) 11:46 | ゆーき #3wglnar6 | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。