スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kill As One!

今年も行ってきたぜTHRASH DOMINATION 06(二日目)!




目玉になるはずだったVENOMが直前でキャンセルしたりで
ちょっとがっかりな感がなきにしもあらずでしたが、

結論から言うとそれでも十分楽しめた! 最高!



まずはDRAGONLORD。

ぶっちゃけ特に興味も無かったので
個人的にはまったり観戦タイムでしたが、

さすがにパフォーマンスはよかった。全員うまいし。


似たような曲(主観)が続くんで
半分ぐらいでおなかいっぱいになったけどね。


というかあれはブラックメタルなんですかね?
リフはスラッシュだなーと思ったんだけど。

白塗りしてキーボード入れればブラックになるのかな。
よくわかんねぇや。


まぁでもエリック・ピーターソンはじめ
本気で楽しんでやってるのが伝わってきたので○。

前座としては良かったんじゃないでしょうか。


エリック以外だれが誰だかわかんなかったけど、
とりあえずベースの人は
スティーヴ・ハリスの大ファンに違いない。



二番手はONSLAUGHT。

これが予想以上に素晴らしかった!


というよりアルバム一枚しか聴いてないんで
どういうライヴをやるのかまったく予想がつかなかったんですが、

“ブームに乗って再結成”的なノリではなく
現役感バリバリのえらく気合の入った演奏を披露してくれました。


1曲目の“Let There Be Death”からいきなり圧倒。

カッコよかったなぁ~。


特にヴォーカルのサイ・キーラーが素晴らしすぎ。
こんなに実力派のシンガーだとは思わなかったぜ。

スタジオ盤で聴くよりも数段よかったです。
おまけに動きまくるわ煽りもうまいわ…。

文句なしですね。


新曲もいくつかやってたけどなかなかよかったね。

ああいうスラッシュをやってるバンドって今の時代貴重だと思うから
ほんとガンガン活動してがんばってほしいな。


今回ライヴを観て大ファンになりました、ONSLAUGHT。




お次は重鎮SODOM。これまたすさまじい。

こないだ出た新譜が通算11枚目だそうですが、
そんなにやってりゃ当然あれだけの貫禄はでるわな。


去年のKREATORといいDESTRUCTIONといい、
ゲルマン人はどうしてあんなにいかついのでしょうか。


最近のジャーマンスラッシュ三羽烏は
サウンドに共通するところがあるよね。

ズガガガガガガガ!!! って感じのリフとか。


「オラオラ! スラッシュメタルじゃ! 文句あるかい!」
とか言いそうな勢いで。

そしてそれがハンパなくカッコいい。


今日観てて思ったけど、
硬派音楽の代表格たるスラッシュメタルの中にあって
SODOMは群を抜いて硬派なんじゃないかと思います。


「私SLAYERのマニアなんです」 とか
「DESTRUCTIONって超カッコいい!」

とか言う女の子はいるだろうけど、

「SODOMのことならなんでも知ってます」的発言をする女子は
まずいないでしょう。


女だけじゃなくて男も容易に近づけない雰囲気があるからなぁ。

「SODOMのコピバンやろうぜ!」なんて話を聞いたことが無い。


孤高のワンパターンスラッシュですな。


ライヴは新作からいくつかやったり
MOTÖRHEADの“Ace of Spades”をやったり。

でもやはり一番盛り上がったのが
“Ausgebombt” “Agent Orange”でしたね。

一日目はその2曲やらなかったそうですが。
二日目でラッキー。


まぁしかしトム・エンジェルリッパーという人のすごさを
改めて思い知った日でした。



トリは待ってましたのDEATH ANGEL!

さすがのパフォーマンス! クールすぎる!


しょっぱなの“Thrown to the Wolves”から
尋常ではないカッコよさを見せつけていました。


演奏が激うまい! そしてアグレッシヴ!
否応なしに熱くなりますよ。

メンバー全員まだまだ若いしステージングも最高、
そしてルックスも抜群というね。

特にヴォーカルのマークは本当にカッコいい。
堂々たるフロントマンっぷりは観てて惚れ惚れしました。


でもなにより、曲がどれも良い! これに尽きます。


“Thicker Than Blood” “Seemingly Endless Time”
“Thrashers” “The Devil Incarnate” “The Ultra-Violence”
“5 Steps of Freedom” “Voracious Souls” などなど…

とにかくDEATH ANGELは名曲が多すぎる!

全曲がハイライトみたいなもんです。


ゆえにシンプルなスラッシュにグルーヴィーな曲、
テンポチェンジ多用の曲と緩急のつけかたも絶妙。


アンコールは“Word to the Wise”から
“Kill As One”で大盛り上がりで終了。


いやーすごいバンドだなあ。

ライヴアクトとしてはスラッシュ界の中でも
最強の部類に入るのではないでしょうか。

とにかくあのクールネスはやばい。
スラッシュを聴かないやつらに見せつけてやりたいね!


個人的には毎年観たいです、DEATH ANGEL。
それぐらい良かった。来年の新譜も楽しみだ!





そういうわけで今年のTHRASH DOMINATION、
VENOMの件は残念でしたが
それでも十二分に8500円の価値はあるイベントだったと思います。


来年以降もがんばって開催してほしいな。


川崎クラブチッタは音も良いし
キャパもちょうどいい感じの広さなので
なにげに個人的にはかなり好きな会場なんですよね。


それにクラブチッタはプロモーターとしても

毎度毎度こうやって見応えのあるパッケージを組んでくれたり
大御所プログレ勢を呼んでくれたり

今回に至ってはVENOMドタキャンという惨事においても
すぐに「払い戻し可」という英断を下したりしてるし、

そういった心意気には非常に共感をおぼえます。


どっかのクリエイティヴマ…なんとかとは大違いですよ。


これからもいいバンドを沢山呼んでください、クラブチッタさん。



ってことで来年は

VENOM、OVERKILL、DEATH ANGEL、NUCLEAR ASSAULT、ANNIHILATOR

の組み合わせでよろしく!


スラッシュメタル最高!!

マハヴィシュヌ前夜 | Home | まいすぺーす

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。