うるせぇ公園 二日目

LOUDPARK二日目!



目が覚めたら11時。あせる。
始まっとるやんけ。酒飲んで寝るんじゃなかった。

まぁ最悪MASTODONに間に合えばいいか、と思い
のんびりでかける。


行きの京葉線で目の前にダイムバッグ・ダレル似の人が座る。
しかも3人並んで。おまけに知り合い同士らしい。

昨日の感想や今日の意気込みを語り合う3匹のダレル。
愉快な光景だ。



会場到着。

一日目よりも肉食獣がたくさんいる。おっかない。

そして前々から思ってはいたんだけど、
ヘヴィ/ハードコア系のおねーさん方は美人な人が多い。

MÖTLEY CRÜEの女性ファンよりも断然かわいい。なぜだ。


閑話休題。


すでにCOCOBATが始まっていたのでそのまま観る。

なかなかの盛り上がり。
こないだ観た時よりもカッコよかった。

昨日のUNITEDといい、大会場は迫力があっていいな。



そして期待していたMASTODON…が、正直イマイチでした。

バンド自体に問題があるわけじゃなく、
相変わらずの劣悪PAのせいでギターがまったく聞こえない。

特にリフの抜けが悪くて全然わかんなかった。
ベースの音がでかいのか、ずっと「ゴォー」って感じの音出てるし。


曲にノリがあるタイプのバンドでもないので
この状況はしんどい。

残念だなあ。


一日目もそうだけど、たぶんこの時間帯のバンドは
リハーサルやってないんじゃなかろうか。

まあフェスはそんなもんなのかも。

曲が進むにつれ聞き取りやすくはなっていったけど、
PAが改善したのかそれとも単に耳が慣れただけなのかはわからん。



その次のHATEBREEDがすさまじかった。

それほど思い入れはないので横の方から観てたんだけど、
それでも「すんげーなこれ」と感じるほどの盛り上がり。


曲はノリノリだし煽りはすごいし演奏もカッコいいしで、
これで盛り上がるなって方が無理な話。

ライヴがこれだけすごけりゃそりゃあ人気も出るわね。
客のうねりがハンパじゃなかった。


特にファンではないおれも
「めちゃくちゃカッコいい!」と思ったのでございました。

ニュースクールおそるべし。



で、IN FLAMES。

なかなかの盛況でしたが、個人的には微妙。

なんというか、激しいことやってる割に地味です。
最近の曲もそんなにいいとは思えないし…。

あとアンダース、全然声出てないような。
楽器隊はものすごく巧いんだけどね。


あ、“Behind Space”やってたけど
それはとても良かった。

やっぱIN FLAMESは1stだな。


途中でダルくなってきたのでカレーを食いにいく。



その後KILLSWITCH ENGAGEをまったり観る。

人気バンドだけあって非常に盛り上がっていました。


歌も演奏もうまい。
でもギターの人がとてもうさんくさい容貌をしていた。

勢いはIN FLAMESよりも断然あると思いました。


ああいう風にシンガロングするパートがあることが
ポイントなんだろうな、メタルコアって。

そしてそれをちゃんと歌えるヴォーカルがいて
スクリームも迫力あってリフもキャッチーなんだから強い。

そんなことを考えながら観戦。
後半は疲れたので寝る。



CHILDREN OF BODOM。

COBは方向性変わる前も後もメタルメタルしてるので好き。

ライヴもカッコよかった。
アレキシはじめフロント3人は巧いしイケメンだし良いね。

ステージングもアグレッシヴで素晴らしい。


COBに感じられる「やりすぎ」な部分は
ハードコア的な過激さじゃなくて80年代メタル的過激さだと
おれはなんとなく思っていて、

そこがけっこう魅力なんじゃないかなと思います。


演奏ところどころずれてたり
ギターの音小さかったりはしたけどカッコよかったから満足。

しかしアレキシは何回「Fuck」って言ってるんだ。
ヴィンス・ニールかあんたは。



続いてDIO。

この流れにあって完璧に異彩を放っている御大ですが、
おれは観てて軽く感動しましたよ。

血気盛んな若手バンドに交じって
60歳を超えたおじいちゃんが動きまくり歌いまくる、ってのは
改めてすごい。偉大すぎる。

そろそろ人間国宝に指定してあげた方がいいと思います。


浮きまくるんじゃねーかと心配してたけど
有名曲ばかり並べてたし、何より説得力抜群の歌唱が
大喝采を浴びておりました。

ドラムソロが始まった時は笑ったけど。
フェスでソロをやってしまうとは。

ついでにキーボードソロ、ギターソロまであった。
まぁでもロニーの喉を休めるためでしょう。

考えてみればルディ・サーゾも50歳超えてるのにすごいな。
クレイグ・ゴールディは正直どうでもいい。


ま、今回は“Kill the King”や
“Rainbow in the Dark”が聴けてうれしかったです。

去年ZEPP東京で観たときよりも良かったと思う。あっぱれ。



最後はいよいよ大トリ、SLAYER!

70分間、怒涛のスラッシュ爆撃。
カッコよすぎる…。まさに帝王。

レベルが違いますね、やはり。
メンバー各人のオーラがすさまじい。

ロンバードのドラムはめっちゃくちゃ音でかかった。


最初から最後までヘドバンしまくり、歌いまくり。
ケチのつけようがありません。

“Raining Blood”で本編終了、
アンコールは“Postmortem” “Angel of Death”。完璧。




これで熱いフェスが終了、充実して帰路につく。

24時40分、帰宅。




というわけでLOUD PARKレポートおしまい。



総じて素晴らしいイベントでしたが、
特に楽しめたバンドは

一日目
HARDCORE SUPERSTAR
CATHEDRAL
UNITED
ANTHRAX
MEGADETH

二日目
HATEBREED
CHILDREN OF BODOM
DIO
SLAYER        でした。



以上! お疲れ!

なななんと | Home | やかましい広場 一日目

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する