スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びっぐいんじゃっぱーん

B00004RIVPFour
Fair Warning

曲名リスト
1. Heart on the Run
2. Through the Fire
3. Break Free
4. Forever
5. Tell Me I'm Wrong
6. Dream
7. I Fight
8. Time Will Tell
9. Eyes of Love
10. Find My Way
11. Night Falls
12. Wait
13. Still I Believe
14. For the Young

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どうやら来年に再結成アルバムが出るらしいFAIR WARNING。


92年にデビュー、2000年に解散するまで4枚のアルバムを
残しています。

1st『FAIR WARNING』、2nd『RAINMAKER』、
3rd『GO!』、そしてこの4th『FOUR』。

どれから聴いてもらっても全然かまいません。


どのアルバムにも良い曲が多数入ってるので
今回もどれをとりあげようか迷いました。



結局『FOUR』にしたんですが、理由は単純。

おれが初めて聴いたFAIR WARNINGのアルバムだからです。


当時、ラジオ番組「HEAVY METAL SYNDICATE」で
猛烈にプッシュされていたので発売後即買いにいったんですが、

ほんとに良い内容でしたね、これは。



どの曲にも胸をうつ哀愁のメロディが満載で、
ハード・ロックではあるんですが、非常に叙情的かつ爽快。

ウレ・リトゲン(B)とヘルゲ・エンゲルケ(G)の
作曲能力が素晴らしいのはもちろん、

トミー・ハートの力強く伸びやかなヴォーカルと
ヘルゲの奏でるスカイ・ギターの音色がバンドの要である
ことは間違いないでしょう。




破産王ギター仙人ウリ・ジョン・ロートの愛器として有名な
スカイ・ギターですが、ヘルゲの使っているやつは
そのウリから直々に譲り受けたものだそうです。

(そもそもこのバンドの母体が、ウリの弟ジーノ・ロート率いるZENO)


このギターは高音弦のフレット数がやたら多いんですよ、確か。
それによって通常ではありえないくらいの高音を
出すことが可能らしいんですが、

それがこの爽快さや泣きの感覚を演出するうえで
とっても効果的になっていると思います。

なんか聴いてると空高く突き抜けていくような、そんな感じ。
(だから“スカイ”・ギターなのかな)




そしてさらに、捨て曲が全くないという
驚異のクオリティを兼ね備えております。


捨て曲なしどころか、
全曲シングル・カットしても売れるんじゃないか
ってくらいのキャッチーさ。


事実かなり売れたそうですねこのアルバム。

当時スペースシャワーTVかなんかの洋楽カウントダウンで、
ポップス界の大物たちに混じって『FOUR』が3位ぐらいに
入ってたのを見て、「そんなに売れてんのかこれ」と
びっくりした覚えがあります。




しかしこのバンドが不幸だったのは、
日本でしか売れなかった”という点でしょう。

MR.BIGみたいなもんです。

なんせ本国ドイツにおいてですらほとんど
注目してもらえなかったらしいですから。

これだけのアルバム作っといてその扱いじゃあ
そりゃー萎えますわな。

もともとメンバー同士あんまり仲良くなかったこともあって、
結局内紛のようなかたちで解散してしまいました。




んで5年を経た今、待望の再結成ということで。


問題は“あの時のサウンドで帰ってきてくれるのか”
という点に尽きるんですが、インタビューを読む限りでは

「変な実験とかはしない」
「ファンの求めるサウンドはわかっている」

と発言してるので、まぁ期待が裏切られることはないでしょう。


活動中もまったく音楽性変わんなかったしね。





ZENOやGOTTHARD、HAREM SCAREM、BON JOVIなんかが好きで
「このバンド聴いたことない」って人がいましたら、
ためしに聴いてみてはいかがでしょうか。

JOURNEYやSURVIVOR、BOSTONが好きな人も気に入るはずです。




『FOUR』も良いですが、

普通FAIR WARNINGの名盤と言われてるのは
“Out on the Run”“Long Gone”収録の1stか
“Angels of Heaven”“Save Me”が聴ける3rdです。

そっちを先に聴いたほうがいいのかな?
ただ3rdはボーナス・トラック合わせて17曲もあるんで
お腹いっぱいになっちゃうかもしれない。

2ndは“Burning Heart”だけ突出してる印象があるから
後回しでもいいかも。





おれ自身の好みも当時からだいぶ変わったんで
今ではこの手のバンドがヘヴィ・ローテーションになる
ことはあまりないですが(JOURNEYとかはよく聴く)、

たまーにアルバム通して聴くと
「やっぱいいな~」と思いますね。

ノルウェー大使館サイトが面白すぎ | Home | 枯葉が落ちる庭園

コメント

爽やか。どっか行きたくなる衝動を起こさせる音がブックオフとかに行くと500円以下で買えます。日本って不思議な国です。

2005/11/13 (Sun) 05:43 | カネオ #qBLpbukY | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。