スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三田祭とお台場アフロ団

まずはおととい見にきてくれた
のぶさん、しんやさん、たくやさん、ようすけさん、
どうもありがとうございます!


一緒にバンドを組んでくれたメンバー諸氏と
出演させていただいた慶應義塾大学い軽音の皆様にも心から感謝!



ぶっちゃけ風邪ひいてて熱が8度5分ぐらいあったので
演奏についてはほとんどおぼえてないんですが
とりあえずめっちゃ楽しかったです。


ANTHRAX最高。弾いてて超気持ちいい。


スラッシュは単純な音楽なのかもしれないけど、その単純に
頭振ってテンションあげれるってとこがたまらんのですよ。


やっぱりおれはメタルが好きなんだなあと思った。
うん、おれはヘヴィ・メタルが大好きだ!



まぁメタルコアとかいろいろあるけど
サークルによってカラーが違うのもまた面白いよね。


それにメタルが好きな人は本当に音楽が好きな人が多いと思う。

技術も高いし。いろいろ刺激になりましたですよ。


そんなこんなで今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

お疲れさまでした!







で、22日にZEPP TOKYOでTHE MARS VOLTAを観たので
その感想をついでにちらっと。



客の入りが意外と少ないのにまずびっくり。

最初は後ろでまったり観るつもりだったけど
前の方でも余裕で観れそうなので前の方に行く。


開演近くになるとさすがに人も増えたけど
それでも身動き取れないほどではなかったです。

そしてほとんどが若い客だった。
ロッキンオン系の人たちでしょうか。



ライヴ自体はすごくおもしろかったです。



新曲2曲をまずやってそのあと
新作から“Viscera Eyes” “Day of the Baphomets”という

約100分で計4曲(たぶん)という構成。



リズム隊とパーカッション2人のすごさが印象的でしたね。

特に新ドラマーがすさまじかった。
あの人は正式メンバーなんでしょうか。


ステージ上手にいたキーボードの音はあまり聴こえなくて
それがちょっと残念だったな。



新曲の2つ、特に2曲目はインプロ色が強くて
ギターのオマーが展開を主導しつつ即興で音を重ねていく感じ。

たぶんアルバムに入るときには
また多少変わってくるんじゃないかと思います。



即興的な2曲を前半にもってきて
後半に比較的構築性のある2曲、という流れだったので

正直途中でちょっと眠くなってしまいました。


後半のどっちかを頭にもってくれば
さらに良かったんじゃないかな、というのが個人的な感想。



ノりやすい曲ではまったくないので周りの人たちも
とにかく大騒ぎ、というよりは
各自トリップして自分の世界で楽しんでる感じでした。


いつも行くライヴとは違った雰囲気で新鮮だったね。

ロックT着てる人もほとんどいなかったような。



でもこのバンドをプログレとして聴いてる人は
たぶんあの中にはあまりいないんだろうなあ。

まぁジャンルなんてどうでもいいことなんですが。



あと、バンドの力量はものすごいんだけど
ライヴは多少淡白な感が否めなかったので
(そういうものだと言われれば返す言葉がないが)

もうちょっと爆発的な部分が欲しいなーとちょっと感じた。



まーしかしこういう音楽が売れたり注目されたりしてるのは
すごくいいことですよね。


なんだかんだ言っても観ておいてよかったです。

おもしろかった!

現代プログレに酔いしれる | Home | 永遠の逃避行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。